股 黒ずみ 解消

股の黒ずみの解消法について

人には生まれつき身体に自衛本能が備わっていて、
そのひとつが肌への刺激を防御する本能です。
股の黒ずみは、まさにこの防御本能が無意識のうちに刺激に反応するからです。
股黒ずみを難しく言うと、摩擦黒皮症で、
つまり摩擦という肌への刺激で皮膚が黒くなるのです。

 

 

摩擦でなぜ股が黒ずむ?

人は素っ裸で普段の生活することはありません。
まず下着類を着用してから、洋服類をその上に着ます。
これが黒ずみを引き起こす大きな要因で、下着類や衣類は必ず肌との摩擦があります。

 

つまり、ショーツ類やぴったりし過ぎるジーンズやズボンなどが股部分と摩擦します、
これは股の部分だけではなく、太ももや脇、肘や膝、お尻についても同様です。

 

先に述べたように、肌が摩擦という刺激を感じると、本能的な防御対策として、
体内でメラノサイトからメラニン色素が肌に分泌されます。
分泌するだけならまだしも、メラニン色素は肌に止まり、沈着現象を起こします。
これが黒ずみの大きな原因なのです。

 

ちなみに、肌細胞はターンオーバー作用で常に入れ替わっていますから、
ターンオーバーという肌細胞の代謝がうまく働かないと、
肌細胞の入れ替えが遅くなるので、
いつまでもメラニン色素が肌に沈着したままになります。

 

 

股の黒ずみの対策

股がどうして黒ずむかが分かりましたから、
黒ずみ対策はこれらの要因を除去することです。
まず、下着類は股との摩擦が少ないものにします。

 

木綿などの天然素材で、ゴムが股を締めつけないようなもので、
ゆったりしたものにしましょう。
また、入浴やシャワーではナイロンタオルなどでゴシゴシ擦らないようにします。
刺戟が少ない弱酸性の石鹸の泡で肌を包むように洗うことがポイントです。

 

アンダーヘア―の自己処理では股のVラインの肌を刺激しないことが大切です。
ナプキンでのかぶれや炎症も肌の大敵で、黒ずみの原因になります。

 

さらに、ターンオーバーをスムーズに保つように
睡眠を十分に摂るなどで、女性ホルモンのバランスが崩れないように気をつけましょう。
そして、最悪の場合は、皮膚科での適切な治療を受けることが大切です。

 

脱毛処理をすると黒ずむことがある

きちんとした脱毛処理をしないと、股黒ずみができることがあります。
アンダーヘアーは正しい方法でおこなうことが大切です。

 

黒ずみになる原因のほとんどはメラニン色素の沈着で、股の肌は過敏ですから、
カミソリやシェーバーでの脱毛のダメージを受ける肌を保護しようとして、
メラニン色素が生成されます。

 

脱毛処理では必ずアフターケアをする

脱毛はどのようにじょうずにできても、肌に刺激を与えますから、
脱毛をした後は十分なケアが必要です。

 

たとえ脱毛サロンでプロに脱毛してもらっても、アフターケアが不十分だと、
股黒ずみが起きる恐れがあります。

 

レーザー脱毛の直後の肌は軽い炎症を起こしていますから、
肌は乾燥しやすい状態になります。
股の肌は敏感なので、乾いた状態の肌を保護しようとメラニン色素が生成されます。

 

肌の乾燥を防ぐのが保湿

つまり肌の乾燥が脱毛後に股黒ずみができる原因ですから、
脱毛した肌はきちんと保湿することが必要なのです。

 

保湿が不十分だと、肌の炎症が原因で、
肌のターンオーバーサイクルが変調を来すこともあります。

 

ターンオーバーの周期が狂うと、肌の細胞の入れ替わりが不調になり、
古い角質が肌に残るので、股黒ずみのトラブルが起きます。

 

脱毛の後は、必ず保湿をきちんとしなければなりません。
保湿が十分になされれば、肌のターンオーバーも正常に行われます。

 

脱毛エステサロンは保湿に配慮している

もちろんきちんとした脱毛エステサロンでは、施術後の保湿には配慮しています。
ですから、自分でカミソリやシェーバーを使ってのセルフケアが問題なのです。
自分でアンダーヘア―の処理をしたら、その後の保湿には十分気をつけましょう。
股 黒ずみ 解消